禍福はあざなえる縄の如しで進む

変わり者大学生が好きな事柄を中心に綴る、会計勉強日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

始まりと終わりと。

今日は野球の独立リーグ、北信越BCリーグの幕開けだった。
たまたま試合の始めの方を見る機会があったのだが、なんだかキラキラしていた。
アナウンサーも解説もワクワクしていたし、観客もワクワクしていた。
選手は少し緊張していたが、TVの前で見ている私も幸せを感じた。


そういう「始まり」はうらやましく感じる。
不安はあっても希望があり、期待がある。

だからといって「終わり」を嫌うわけではない。
終わりには思い出があり、教訓があり、成長がある。
その分カウンターのような痛みを感じながら前へ進む。
時には進まなければならないが。


そして思うのだろう。
「始まりと終わりの間を大切にすべきなんだ」と。




いつも始まりと終わりを見極めていきたい。
辛いときでも、一瞬を大事にしたい。
まぁ、長い人生からすれば常に生と死のであるのだが。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。