禍福はあざなえる縄の如しで進む

変わり者大学生が好きな事柄を中心に綴る、会計勉強日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

神田さんライブレポ~特別編~

ライブから早一週間ですが、
ライブレポ2で「後日特別編を・・・」と書いた神田さんのMCに関してです。


ちなみに「ありのままの世界」の前のMCです。


ここでは、ライブの映像化なしとか、「イベント激戦区」の苦労とか、
ブログに書いたりAice5のメンバーの協力で応募1000通超えたりとか、
それだけでもジーンとするMCが沢山あったのですが、


私が一番考えたのは、

「みんなはいつも私の夢をかなえてくれる人で、
私はただ夢に向かって走ってるだけ。
私はいつもみんなに追いつきたいと思っていた」


という神田さんの言葉です。





こうやって考えてくれる神田さんだから、応援してしまう。


でも、本来、私は神田さんに追いつきたくて応援しはじめたんです。



私はそもそも神田さんに嫉妬していました。


1年ほど前、神田さんのブログを読み始めて感じたのですが、
物事を自分の頭で考えて、自分の目指す方向の仕事に真摯に取り組む。
そんな神田さんがうらやましくて仕方がなかったのです。

そのころまだ私は高校生で、恩師や友人に恵まれ、別に焦る必要はなかったのですが、
なんだかとっても悔しくて、神田さんはもう社会人だって分かってるのに、
それでも不思議なほど悔しかったのです。


自分の興味のある職業につき、真摯に向き合って進んでゆける。
自分も成長できるし、人も喜んでくれる。

私もそういう風になりたいと強く思いました。




そして、私も私自身の夢を神田さんに応援してもらっています。
ライブ会場に来た人もこれなかった人もそうだと思います。

もちろん、苦しいとき・頑張り時に神田さんの歌や演技で助けてもらうことがあります。
そういう直接的なことだけでなく、
「ベストセラーを書きたい」作家の人の夢を、本を買って叶えているかもしれないし、
「多くの人に食べてもらいたい」シェフの夢を叶えているかも知れない。
世の中回りまわってみんながみんなの夢を応援している気がします。




今回のライブも、神田さんがO-EASTを一杯にできたのは、

そうやっていろんな形で
誰かの夢を叶える力をいっぱい持っていた神田さんだったから
ではないでしょうか。


だから我々も神田さんの夢をかなえ続けていくのですよ、きっと。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。