禍福はあざなえる縄の如しで進む

変わり者大学生が好きな事柄を中心に綴る、会計勉強日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

CLANNADイベント。

*こもごも日和り。「むねいっぱいの。」更新


CLANNADのイベントに行ってきました。

他にはない、すごいイベントだった・・・。


自分の参加してきたイベント(数えるほどですが)の中で、こんなイベントは他に見たことがないです。
すごく独特な一体感が流れていました。
騒ぐ人がいないどころか、サイリウムすら1本も見かけませんでした。
女性の割合も高く、年齢も様々で、おそらくはバックボーンも様々な人たちの集まり。
ただ、“CLANNADを大事に思う”という点で繋がっていることを、強く感じました。

イベント内容としては、本編同様、笑いあり涙ありでした。
中でも、事前の応募はがきを元にした「印象に残ったシーン特集」に多くの時間が割かれていたのですが、これがよかった。
最初は春原に代表される“笑い”の要素から入っていたのですが、次第に“涙”へと。
終盤、旅行で朋也と汐が絆を取り戻すシーンでは、泣いていたファンが多くいました。
私も、こらえたつもりが、つい一筋流れてしまいました・・・。


キャストの方々もほぼ勢揃いで、すごく豪華なイベントでした。
何よりも嬉しかったのは、監督も含め、皆様がとても作品を大切にされていたのを感じられたことです。
イベント最後にされた、それぞれの挨拶でもそれを特に強く感じました。
特に緑川さんの「結婚して見ると、マジ泣けます」(細部はあいまい)は、ぐっときました。


これから人生の転機を迎えるたびに、CLANNADを思い出すんだろうな、と思います。
もちろん、CLANNADが全てではないけれど、大事なことを考える、大きな素材をもらいました。
いっぱい考えて、よりよい自分になって行けたら…と思います。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。