禍福はあざなえる縄の如しで進む

変わり者大学生が好きな事柄を中心に綴る、会計勉強日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

桜庭一樹が直木賞受賞。

*第138回直木賞は桜庭一樹さんに決定!(文藝春秋)



YAHOO!ニュースで見ておったまげました。。



数日前の日記で桜庭一樹「赤朽葉家の伝説」の話をちらっと書いたのですが、
その直後に受賞発表があるとは露知らず。

ちなみに受賞作は「赤朽葉家の伝説」ではなく、「私の男」なのですが、こちらも怪作という評判は耳にしました。
私はまだ読んでなかったので、本屋でバイトしている友人に頼んでおきました。


それにしても、私はついこの間まで「GOSICK」(ラノベ)の作者としてしか認識しておらず、ハードカバーは最近買い始めたり、図書館で借りたりしていたところだったので、
直木賞というあまりにスケールの大きい話に、やはり凄い力のある作家なのだなぁ、と認識を新たにしたところなのですが。。

ホントに驚きました。


最後になりましたが、受賞おめでとうございました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。