禍福はあざなえる縄の如しで進む

変わり者大学生が好きな事柄を中心に綴る、会計勉強日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

もやしもん#3

もやしもん第3話

[感想]
いよいよ神田さん演じる及川葉月登場の回。


書きかけです。

スポンサーサイト

PageTop

レッズACL決勝へ!!!

ACL(アジアチャンピオンズリーグ)準決勝第2戦-埼玉スタジアム

  浦和レッズ 2-2 城南一和
       (PK5-3)



やりました!レッズが死闘をクリアして決勝進出です!

準決勝第1戦はアウェーで2-2とまずまずの結果で、やや優位とみられていましたが、城南一和の粘りに苦しみました。
この試合は先制のワシントン・同点弾の長谷部とゴールを決めた選手はもちろんですが、
肉離れで抗体を余儀なくされた山田・闘莉王、全身がつるほどの運動量をみせた阿部、PK5人目のキッカー平川、ビッグセーブの都築などメンバー全員が素晴らしい働きをしました。


そして、なんといっても最後にレッズを支えたのは、サポーターでした。

平日夜にもかかわらず5万人を超えるサポーターが駆けつけ、スタジアムを真っ赤に染めました。
PKでは無数の旗がゴール裏ではためき、試合を有利にすすめました。
そのサポーターをみて、視察に訪れた韓国Kリーグ関係者は「アジアでは考えられない」と唖然としたそう。


決勝では本場・欧州チャンピオンズリーグにも負けないレッズサポの大歓声が見られることでしょう。
なんとか見に行きたいな。



*【ACL準決勝 第2戦 浦和 vs 城南一和】レポート:130分に及ぶ死闘!PK戦を制し、浦和がアジア制覇へ遂に王手!! [ J's GOAL ]
*浦和 死闘PK戦制し日本勢初決勝へ[YAHOO!スポーツ]

PageTop

もやしもん#2

もやしもん第2話
(*フジテレビ公式サイト)


今回は2年の先輩、川浜と美里の登場。

学内で酒を密造していた2人。
火落ち菌により腐敗してしまい、かつ床をめちゃくちゃにしてしまうなど借金を負ってしまいます。

そこに現れた主人公・沢木と蛍。
先輩2人は沢木の「菌が見える能力」を利用して一儲けしようと考えます。



先輩2人は上の文章から受けるような悪だくみのイメージはなく、ちょっと抜けてるいいキャラという感じです。
そういったまったり感がこの作品に面白さをあたえている一因ですね。



神田さん演じる“及川葉月”は次回、第3話から登場。
かなり重要な役として次回以降活躍していきます(はずです)

PageTop

ツンデレ日和。更新&ビタスイ

*ツンデレ日和「雨なのに。」更新

*「飴を出せ事件?!」
*「抜いたのにさ。」


忙しくてなかなか更新できなかったのでまとめて。。


ツンデレ日和でもビタスイでも“親知らず”が話題になりました。
ホントにえさぶくろ様は人気がありますねー(文字通りの意味で)

ビタスイでは「親知らず4本でサル、0本でニュータイプ」というメールもありました。
神田さんは4本あるそうで、みんなに慌てて確認w

実際は、日本人の1/3が4本なので心配するコトないみたいです。
ちなみに私は0本。真逆のニュータイプです。これからかもしれませんが。



その他舞台の話など。


書きかけ

PageTop

もやしもん。

昨日深夜に放映されていた「もやしもん」第1話を観ました。


おもしろい。



知っている方も多いとは思いますが、“菌”の話でして。
日頃、意外にお世話になっているし、目の前にも、体の表面にも、そして体内にも無数にいるけど見えてはいない“菌”。

そんな菌・微生物が楽しく扱われています。


そして今日、購買へ教科書を買いに行ったら、
「もやしもん」がレジ前の棚で特集っぽく取り上げられているではないですか!!

もちろん買いましたとも。
肝心の教科書買わずに。


案の定おもしろいです。
「ふう~ん」「へぇ~」って言いながら、ニヤニヤしつつ読んじゃう、そんな教養(みたいな何か)とユーモアの詰まった作品です。

特に理系の人が好きそうかな、と思います。
高校の我が恩師である、数学の先生も読んでましたし。
自分、文系ですけど。



そんな読んだあとには世界の見方を変えてみたくなる作品、「もやしもん」。
おススメです。

PageTop

「27」が“名誉番号”に!!!!

先日引退した古田選手の背番号「27」が、ヤクルトの“名誉番号”に制定されることが決まりました!!!


“名誉番号”とは、ある程度の実績がある有望な選手しか着けることができない、という意味合いをもちます。
球団として、今までの古田の功績を高く評価する形になったと言えますね。


ヤクルトでは以前大杉勝男選手が永久欠番となった例(2年後入団の広沢に禅譲)がありますが、それに並ぶ快挙と言えるのでは。
また再び監督として「27」がグラウンドで見られる日が楽しみです。


(*YAHOO!スポーツ 球団が古田監督に名誉番号『27』&功労金のWサプライズ!)
(*Wikipedia-永久欠番)

PageTop

絶望先生第2期!!

絶望先生のアニメ第2期が決定したそうです!!
(*StarChild:さよなら絶望先生 第2期)

やっぱり好評だったんですね~。

PageTop

10月7日の雑記。

今日はいろいろ大きな出来事があったのですが(個人的に)、少し忙しいのでまとめて。。


*ツンデレ日和「図書館計画。」更新

神田さんは1部屋を図書館のような素敵な部屋に改造する計画を立てていらっしゃるみたい。
ひょっとしてそれは“書斎”というのでは…と思ったけど、ソファがあったりするようなので、イメージ的には“プライベート図書館”というところでしょうか。

秋新番の「獣神演武」「CLANNAD」「もやしもん」も注目です。
神田さんは「もやしもん」がお気に入りの様子。



*古田引退(古田兼任監督引退 -YAHOO!スポーツ)

あぁ…とうとう古田が引退です…。
物心ついた時からヤクルトファンで、物心ついた時から古田ファンの私にとっては何とも言えない衝撃です。。

この歳でいうのも何ですが、10数年間応援してきた選手の引退は時の流れを感じさせられます。
せめて来季は監督専任で残ってほしかったなぁ…。

言いたいことはたくさんあるのですが、うまく言葉になりません。
「また会いましょう」という引退挨拶の言葉を信じ、今後の解説者(かな?)、そして将来的な監督復帰を楽しみにしていようと思います。




*中田、プレミアA生出演

中田英寿氏がプレミアAに生出演していました。
場所はドバイ。しかも野外で、背景は一面の砂漠。
市街地のすぐ近くだとは思いますが、何となくフジテレビの思惑を感じ、また絶望先生で叩かれるような「自分探し」のネタを提供してしまうのでは…とハラハラw

さて本編ですが、ヒデは終始にこやかにインタビューに応じていました。
これをかなり意外に感じた方も多いのでしょうが、本来のヒデはこういう人物なのだろうと思いました。
そもそもヒデが「マスコミ嫌い」と言われるようになった所以は、Jリーグ時代に発言の趣旨を捻じ曲げられて報道されたり、プライベートに関し誤解されるような報道が多々あったからなのです。
それまではむしろ純粋な気持ちで取材に応じていたのですから。

そのような意味では、今回サッカー選手という枠から外れ、過度の詮索を受けない今の状況が穏やかさを感じさせたのかもしれません。
それに今回はサッカーファンだけが視聴者というわけでもなかったので、ヒデの心持ちも違ったのではないでしょうか。

さて、私はそろそろ旅に一区切りつけて、大学で勉強するなりビジネスに取り組むなりしては…?と思っているのですが。
でもヒデはもうしばらくは旅を続けるご様子ですね。
インタビューを聞いていると、すでに46カ国(!)を訪れたようなのですが、かなり頑張ってあちこち行ってもまだ46カ国か…、というのがヒデの率直な感想みたいです。
確かに中途半端はヒデの嫌うところですし、言葉にならない貴重な経験をしているのがTV越しにも伝わってくるほどだったので、もう少し旅を続ける中で次のステップへのきっかけをつかんでくれればな、と思います。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。