禍福はあざなえる縄の如しで進む

変わり者大学生が好きな事柄を中心に綴る、会計勉強日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

梅雨が近づいてくる…

今日は夕方から雨でした。
放課後のバイトにチャリで行く私にとっては致命的…。


びしょびしょに濡れながらいつもの1.5倍チャリを漕ぐ。
「はー、やっとついたぁぁぁ」と思うのですが、
真の敵はバイト中に冷えてくる体と帰り道の辛さ。。


そんなわけで今日はもう寝ようー。

スポンサーサイト

PageTop

赤松先生の日記より。

*赤松先生の日記(5/24)



赤松先生が日記でネギま!の方針(というか赤松漫画の方針かも)を述べられています。

私が面白いと思ったのは、

>何でもマニアというのは、隙(すき)のある作品を脳内で補完して楽しむ
>ことのできる層とも言え、必ずしも直接的な表現が良いとは限らないのであります。
という部分。


『げんしけん』で斑目が熱弁をふるうシーンを思い出す方もいるかもしれませんが、
私は高校の現国の教科書の文章を思い出しました。

それは「ミロのヴィーナス」の美しさに関する文章でした。
簡単に言うと「両腕がないことで、そこに個々人の望む補完をおこなえ、それがヴィーナスの美しさにある種の完全性を与えている」というものです。

不完全だからこその完全に近い美しさ。


それに近いものがネギま!にはあるのでしょうか。

PageTop

おいおい…

アーツビジョンやっちゃいましたね…。

いや、アーツビジョンが悪いんじゃなく、社長がいけないんですが。



とにかく所属タレントさん達に火の粉が降りかからないことを。






社長が「私は16歳以下にしか興味がないロリコンなんです!」と供述してくれればいいのに(^^;)



とかく悪いニュースの多い一日でどんより感じられる日でしたね…。

PageTop

久しぶりの友達と!

今日は久しぶりに地元から来た友達と会いました。

友達は浪人しているのですが、いろいろと大学の話をしました。
正直、大学に入っても、みんな大したことはしてない。
いや、もちろん積極的にチャレンジしてくつもりですが、今は大してしてないです。


でもそれを伝えるのが難しいんだなぁ~。


彼は田舎で鬱々と浪人してるわけです。
かたやこちらは大学生。
ホントに大したことしてないんだけど、見えてるものが違うわけです。


とはいえ、そんなことが言えるのも自分が無事受かれたからですね。




「自分が出来ないモノがあるのは当たり前。
だが、そこで一流たりえている人がいることを忘れてはいけない」

高校時代の恩師の言葉。



山の頂上に何かがあるのかないのか議論できるのは、その上まで到達した人だけだということですね。

PageTop

紅の豚

『紅の豚』が金曜ロードショーでやってましたねー!


紅の豚は素晴らしいなぁ。
もう見るのは何度目か分からないけど、その美しさ・メッセージ性に魅了されました。

そして見るたびに、新たなメッセージに触れることが出来ます。



そういう何かを世の中に残せたら。。
一生の目標ですw

PageTop

一期一会。

*ツンデレ日和「倍を生きる。」更新



神田さんは14年ぶりに「キャッツ」を劇場へ見に行かれたそう。
中学生の時名古屋から大阪まで初めて一人で見に行ったのが「キャッツ」だったんですね。


>初めて1人で名古屋から大阪まで近鉄という電車に乗り、キャッツシアターに着いて2時間。
>することがなくて、劇場の周りをぐるぐるまわったあの日から14年。

>ドームみたいな劇場で、白くて(大阪はそのとき白いキャッツシアターだった)おっきくて、
>開演のときは鼻血がでそうなくらい大興奮して、奮発してパンフと楽譜を買って、
>帰りの電車に間に合うかドキドキした。

>そんなセンチメンタルな気持ちがドバーっと溢れてきて、ちょっぴり泣けてくる。


うわー!!!!すっごくよく分かります!!!!


>あと、私たちのライブに来てくれる方たちも、きっと、きっとこんな
>気持ちなんだろうなって思う。


そうですね~。ホントにそうですよっ。
ただ、やはり最初の頃の気持ちが懐かしくなる時ってありますね。
神田さんの『奮発してパンフと楽譜を買って』じゃないですけど、
右も左も分からない中、「えいやっ!!」って感じでお金を出してグッズを買ったなぁ。。

知り合いもいないし、席に座ってることしかできずに開演を待ったり。

今だって数えるほどしかイベントに行っていませんが、田舎から出て行ってドキドキしながら観てたイベントの気持ちはまた別だったんでしょうね~。
狂おしいほど懐かしいなぁ!もう!www

その記憶が刷り込みのようにあるから、時々それがフラッシュバックしてはきれいな思い出に浸る時特有の物寂しさを感じるのでしょうか。



また、そういう気持ちって、小さい頃読んでいた小説や観た映画に再び触れた時にも感じますね。

私はマセた子だったのでw、幼稚園・小学校の頃から井上靖とか分厚い本を読んだりしていたのですが、今読んでみるとまた全然感じ方が違うんですよね。
「あぁ、自分はこういう考え方ができるようになったのか」と成長を感じながら、前気付かなかった部分を読んだりするのですが。
でも、小さい頃不十分な理解だったのだろうけど、みずみずしい感覚で読んでいた自分がかわいらしくて!ww
ある意味ナルシストw



そんなことを考えつつ、「紅の豚」を観た私でした。

PageTop

感覚。

*ツンデレ日和「ステップ♪」更新



神田さんは舞台を見に行かれたそう。
そしてウキウキしている神田さん。


>でもまず根本的に、「劇場でお芝居をみる」という行為を、心底喜んでるなぁ神田さん。
>と声をかけたくなるくらいウキウキしてる自分にちょっと驚いちゃった。

>帰り道で思わず口ずさんでしまう音楽。
>ふんでしまうステップ。

>これだよこれ!!



神田さんにとってお芝居がどれだけ大切なものか分かりますねー。

やはり私にとってはイベントがそれに近いのかもしれませんが、
それじゃつまらないので他のモノを考えてみると・・・
サッカーかなぁ?

私はやるのも観るのも好きなのですが、
やるときは、こう、血が沸き立つような、興奮する感じがします。
でもこれじゃちょっとズレてる気がしますね(^^;)
そうなると観ているときが近いのかな?
レッズの応援をしている時はついつい怒鳴ったりしてしまいますが、
レッズのゴール、美しいプレーやイメージを超えたプレーを見せられた時は
ぞくっ、と、、あるいは、突き抜けるような嬉しさがきますね。



でもやはりちょっと違う気がするなぁ(^^;)

文化系だと、私は絵を見るのが好きなのですが(美術館とかで)、
これも違うかなぁ。。。
絵は動かない、変わらないモノを相手にメッセージを感じる感じですからね。


そう考えていくと自分の感じられている世界なんて狭いものですね。
お芝居をはじめとして、もっといろんなモノに触れて、世界を広げたいと強く思います。

PageTop

ACL予選リーグ突破!

ぃやったーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!


やりました!!!
レッズがACL予選リーグ突破です!




シドニーFCとホームで引き分け(0-0)で、1位が確定しましたー。

PageTop

不老不死って悲しいこと。

*ツンデレ日和「足ひらきすぎでしょ?! 」更新

*ネギラジ公録レポ


不老不死って悲しいことだなぁと思うのです。

昔、小学生の頃とかは、「みんな死ななきゃいいのにな」と思ってましたがw
人生はやり直せない。だからいい。
でも気づいたら人生はスタートできる。だからいい。

終わりは確実にある。
だから貪欲に成長したくて頑張るんでしょうね。



そんなことを書こうと思ったのは、ネギラジ公録が終わって眠れなかったので、
いつも聞かない堀江さんのラジオを聴いていたら、
「(Aice5は期間が決まっていて)終わりがあったからこそ、みんな参加してくれたんだと思う」
という意味の発言があったからです。


「ああ、なるほどな」、と。


メンバーみんな、今しかできない経験としてAice5への参加を決めたんだし、
解散後も成長できるような、いい経験を積もうとしていくんだろうなぁって。

ネギラジもそうだと思います。
今回終わって、神田さんは(野中さんも)また新たなステップに行くのでしょう。
またお二人でラジオをやることがあるかもしれませんが、それはどんなにネギラジに近くても、別のものですよね。

初めて聞いた声優さんのラジオだし、刷り込みのように愛着を感じていたネギラジが終わるのはこの上なく残念ですが、新たなスタートとして受け止めていきたいと思います。

PageTop

ネギラジ公録。そして笑い!

今日はついにネギラジ公録の日でした。

ある種引導を渡されるようなもんなので、
ずーっと「公録の日なんて来なきゃいいのに!!」とやさぐれてましたが。。。

面白いですねぇ。ネギまほラジお。
こんなに面白い人たちがネギま!を作ってくれていたんですもんね。
私はバカなことを思ったもんですw



【以下、イベントの内容&感想】
とにかく朝から東京は晴れ。

この日にふさわしい快晴の空と科学技術館(裏側)
070520_130249.jpg


会場が見えた時、部活の最後の大会(負けたら引退)に赴く気持ちになりました。
しかも、自分の力でどうこう出来るわけではないのが辛かったー。。



《まずは昼の部》
入場の列に並んでいるときにアンケート用紙をもらいました。
3年間で「忘れたくても忘れられない体験」「ああしておけばという後悔」の欄がありました。
公録で読まれるとプレゼントがもらえる、と書いてあったのでとりあえず書いてみました。


そして入場。
ホール前の一角ではラジオに関する小物(神田さん・野中さんの俳句や原稿など)がありました。
どれをとってもネギラジの自由さ・楽しさが伝わってくるなぁ、としみじみ。


また、開演前には「ネギラジお体操」の予習として佐藤Pが体操をする映像が流れたり、
みんなで「立ちましょう!」「やーーー!」の練習をしたりでいいムードにwww


そしてついに開演。
マントをまとった神田さんが登場。
手に持った杖を振ると、マントの後ろ部分から野中さんが飛び出して懐中電灯を点けに行く。
それが終わると神田さんはマントを取って野中さんに渡し、野中さんはそれをスタッフに渡そうとオロオロ。
さらに杖も野中さんに渡し、また別のスタッフが飛んでくるww
これだけでネギラジって面白いなぁと再確認させられましたw



そしていきなりの「恋せよオトメ」!!
そうか、お2人といえば、ネギラジといえばこの曲かぁ、といきなり嬉しくなりました。
もう開演前までの寂しい気持ちが吹っ飛んでましたwwww
ちなみにこの時点でお二人はジャージ。


歌が終わり、お二人のトーク(少しだけ)
服装は二人とも両サイドで髪をしばり、赤・青のジャージ姿なのですが、ものっすごくコンビっぽい。
二人で普通に立ってるだけでコンビネーションの良さが伝わってくる感じ。
一朝一夕ではこうはいかない、という印象をうけました。さすが名コンビw


そしてゲスト登場。
ゲストは木村さん・桑谷さん・ゆう画伯の3名。

神田さんが「みんな久しぶりだよね~」と言った後に「あ、一名除いてねw」で笑い。
そりゃそうだww「もうAice5のメンバーとはしばらく会わなくていいや」ってぐらい会ってたそうですからねー。

トークは「プリフェス後なにしてた?」という話題でしたが、いきなり桑谷さんはモンハンの話にw
木村さんはやはりリハでしたが、ゆう画伯は「一生懸命頑張ってた」らしい(お仕事や生活を)
なんだか画伯は一日中ぼんやりしていた気がするのだけど…大丈夫でしょうか?ww
そして神田さんと野中さんは焼肉を食べに行ったらしいです。
というか桑谷さんに「カルビのタレが食べられなくなるんだって!」と訴えていたので、前回のBitterSweetFridayの時の焼肉の話は野中さんとだったのか、と発見(?)
でも食べた量を「カルビ2人前、タン塩2人前、ロース2(1?)人前…etc」とあげていったところで、「食ってんじゃん!」と桑谷さんにツッコまれるw
終始そんな感じで桑谷さんのいいツッコミが入る公録でした。
野中さんは「チャプチェ」が言えなかった(覚えられなかった)らしい。
だからずっと「神田さん、ほら、あれなんでしたっけ!?チャ、チャ…」となっていたそうですw


トーク後は「体を暖めよう!」ということで『生ネギラジお体操』!
このコーナーがまた面白すぎですwww
もともとユニークな体操ばかりですが、スクリーンではお2人がそれをマジメにやっているから面白いwww

そして極めつけはウサミミの体操wwww
我々数百人がウサミミのように手を動かすわけです。
これ、「今日は天気いいから野外公録ね!」とかなってたら通りかかった人に通報されてますよ(^^;)
「北の丸公園に危険な集団がいます!!すぐ来てください!」ってw
そのぐらいですからステージ上で見たら面白かっただろうなぁ~(^^)

他にも「おさるの運動」でお二人の変顔を見られたり、ピボット運動でぶつかってたり、『「父さん、感じます!」の運動』で笑ったりと笑いが絶えない運動でした。



運動後は『チュパカブラを探せ!』
…という名の楽屋でカバン物色コーナーwww
「芸人かー!」と突っ込みたくなるようなコーナーでしたがw




【続きは後ほど】





祭りの後。
070520_200119.jpg





続きは後ほど。

PageTop

おっとっと・・・これは!?

赤松先生が実写化について日記で回答されている部分に関し、
アニメ第3期への希望が見えているのでちょっと取り上げてみます。
(*赤松先生の日記帳)


>3期があれば、当然また(声優さんたちを)招集します。しかし3期は未定だったので、
>一旦卒業という形をとりました。

これは『実写化のために声優さんたちを卒業させたのか?』という問いに対し、
赤松先生が『違います』と答えられたあとの一部です。

『一旦卒業』ですか…。たしかにプリフェス前のスタチャサイトでも『いよいよフィナーレ!?』という扱いだったし。
絶対3期のことを考えてスタチャも保険を張ってると思うんですよね。


>原作(漫画版)が当分終わらないので、要望の声が大きければ3期も不可能ではないと
>私は考えています。(要望の声が小さければこれで終わりですが・・・・)

おおっ!これこそ一筋の光明という感じですね。
31人というキャストの数がネックなのかなぁ、などと思ってしまうのですが、
ぜひ第3期をやってほしいものです。
そのためには応援は惜しみません。。



Aice5解散撤回署名の方々はネギま!第3期の署名を…wwww


PageTop

お台場。。。

*ツンデレ日和「成長だよ・・・ね?」更新



行って参りました。『初』お台場。

学校に行って、さらにバイトの後駆け付けたのではじっこで観てたのですが、
神田さん近っ!!!!!!
妙に緊張しっぱなしでしたwwww


そしてもう1つ大事なこと。
それは、、、

神田さん細っっっ!!!!!!!!


ソロライブで拝見した時は、「生で見ると写真や映像よりずっと細いじゃん」と、
写真・映像の神田さんご自身と比較して細いなぁ~と考えていたのですが、
昨日は違いました。妙齢の女性として確実に細い方に分類されます。

う~ん、なんだかお前はドコを見てるんだって感じですが、なんだか感動してしまったんですよね(^^;)全然「体に直線のない女」じゃないですよ~。




さてラジオ本編について。


特に印象に残ったのは、お休み期間にやりたかったことを書きだしてやっていった、というお話。

普通休みになると、つい気ままにだらだらしてしまい「あー、あれやりたかったはずなのに」とか「こんなにだらだらしてても忙しい時と同じように時間は過ぎていくんだよなぁ」となっちゃうと思うのですが。(私だけかなぁ?w)
でも書き出してキッチリ休みを満喫していくのが神田さんらしいなぁ、と。



他にもいろいろAice5の話題とか話されていました。




さてさて明日はネギラジ公録。
ドキドキ。

PageTop

時間の進み方。

*ツンデレ日和「休みました。」更新



一週間ぶりにツンデレ日和が更新ですー。
 
神田さんはしっかり休めたのでしょうか?
旅行にも行かれたようで気分一新されたようですが。


そしてジムの話。
こういうことを書けるのが神田さんの凄さですね。
生活の中のちょっとしたことからも何かを学ぼうとしている神田さんです。

私はどんなことでも、自分がモノを考えるきっかけになると思っていますし、
そこから必ず何かを学べると思っています。
だから神田さんがブログに取り上げるちょっとした出来事というのは、
神田さんの考えを垣間見られるようでとても面白いですし、
もちろん自分自身がモノを考える題材にもなっています。
これがツンデレ日和の更新を楽しみにしている理由です。

とはいえ、ブログの更新が神田さんの負担になるようじゃいけませんね(^^;)
今のところ負担にはなっていらっしゃらないようですが(たぶん?)、
神田さんにとって、一週間に2回とかのペースが最適ならそれで良いと思います。

もちろん更新頻度が多い方が嬉しいですが、
ファンとして神田さんが最優先ですからね。

PageTop

HEY!×3を見て。。

堀江さんが出演されたHEY!×3を見ましたー。

いやぁ、凄いっすね。というか、驚きました。
まさかあの掛け合いをやるとは…(笑)


堀江さんは過度の緊張のためか、少し顔がこわばっていたように見えました。
とはいえ、TV画面を通して並みいるタレントと全く引けをとらない容姿。
これはかなり容姿が優れているということです。
改めてそこに驚き。




さて、niftyでは、「瞬ワード!」というものがあり今現在検索されているワードが表示されます。
そこでこれを書いている今現在、堀江さんが1位!!!!
ちなみにやはりHEY!×3に出たテゴマスは7位。
ジャニーズ好きの堀江さんとしては複雑?(笑)




そしてWikiを見ると、


>HEY!HEY!HEY!に出演した理由は、ダウンタウンを生で見れるという理由から。

そうだったんですか(^^;)
妙に納得してしまった(笑)

>しかし、本番ではかなり緊張し、あまり喋れずに落ち込みながら帰った。

いったいドコからの情報なんでしょうね!?(^^;)
すごい情報網だなぁ。

>さらには、放送直後から堀江由衣を知らない一般の人による堀江由衣調べが始まり、niftyの瞬!ワードで一位を獲得している。

それを見て飛んできたのにもう書いてあるとは…。
さすが堀江さんファン。。

PageTop

Love Aice5東京!

えー、今さらですが(^^;)
Love Aice5東京のレポです。
…というか今さらレポ書くのもアレなので印象に残ったことだけ書きますー。



まずは物販。
Tシャツくらい買おうかな、と思っていましたが、
あの場所に行くとついついタオルやらサイリウムやらあれこれ買ってしまいました。
雨の中並んだ皆さん、ご苦労様です(自分もその一人でしたが)




そして待ちに待った開演。

・five arrows
チアキさんと神田さんの2人。
現パーソナリティコンビとしても面白い、興味深いお2人ですが、
歌でもその空気感が出ているなぁと思いました。
一見反対のタイプに見えますが、意外にかなり噛み合っているコンビではないのでしょうか。


・マーブルロケット
神田さん作詞の曲。
「これはウルトラオレンジを折るしかない!」と人生初ウルトラオレンジ。
あんなに明るいサイリウムだとは思わなかった…。
まだ早い段階だったので折っている人が少なく恥ずかしかったけど、
「いやいや悔いはないぞ!」と言い聞かせながら振りました。
もちろん曲は素晴らしかったです。
とてもメッセージ性の強い詩だなぁ、と思うのですが、ライブでメンバーが生で歌うとそのメッセージが浮かび上がってくるような印象を受けますね。


【MC】
・ツアー中ホテル泊の時に、知らない所で一人で寝れない浅野さんが神田さんの部屋で寝た

何かで前も言ってた気もしますねー。
神田さんは抱き枕みたいな感じ?と思うようなトークでした。
↓↓
・(関連して)「キャッチコピーは『体に直線のない女、神田朱未です』」

「神田さ~ん(苦笑)」と思わず思っちゃいましたが(^^;)
でもそれはそれで良し!かわいいから良し!
っていうかそれも一つの神田さんらしさだー!!……と納得してみる(笑)

・『神田さんは1年365日中360日ボーダー』

神田さんは常に洋服のどこかがボーダーだそう。
個人的には青いストライプのシャツ(襟・袖は白)なんか似合うんじゃ?と思いますが。




歌に戻って、
・Get Back
やっぱ盛り上がれる曲ですね。ここがスタートですから。
ネギま!におけるハピマテ、、くらいな例えしかできませんが。


・smile
ほんといい曲。
自分は去年のセンター試験の時に聴いてた思い出があります。
「ほら 手をつないだら離さずに~」からは最高です。
たぶんLast Aice5で聴いたら泣けます。


・Lady Go!
とにかく「Go!」と叫びました(笑)
それぞれの「Go!」だけをとってもキャラの立ってるAice5メンバー。
ホントに素晴らしいです。


・Love Power
「この歌が特に好き!」という方も多いんじゃないでしょうか?
私もとても好きな曲です。
「恋はき~っと 命のエネルギー~」で、
「Aice5がエネルギーだよっ!」と会場はみんな思ったはず!!(ですよね?)



*アンコール→再登場

【MC】チアキさんの誕生日ドッキリ!
メンバーが思い思いの「ヒョウ柄」グッズをプレゼント(笑)
チアキさんは23歳教を創始するらしいです(笑)


最後は・Get Back
もう一回大いに盛り上がって終わりましたー。

メンバーはきれいに揃って、オルゴールの中に戻っていくという演出。




いやぁ、「さすがだなぁ」と思わせるすんごいライブでした。


…まぁ、このあと重大発表があったわけですが(ニヤリ)




【追記14日21:15】
いけね、・Eternity~ライブバージョン を入れ忘れてました(^^;)

この歌はア・カペラで歌われたわけなんですが、
こういうチャレンジができるのがAice5の素晴らしさですね。
5人がこういう声をしているんだなぁ、とある意味初めて知りましたし、非常に貴重な体験だったと思います。
そしてその歌の素晴らしさを、約5000人が少しも音を立てないことで、
これっぽちも失うことがありませんでした。
これも会場が一つになった瞬間でしたね。

PageTop

疲れたな~。

今週はバイトしっぱなしで疲れたなぁー。
貧乏大学生は自分の生活と趣味を両立させるために働かなければならないんですね。。。

…だから勉強が両立されないんだなぁ~(言い訳w)



そんなわけで更新も滞りがちですが、
明日あたりにようやくAice5のライブレポが書けるかな?


頑張るぞっ!

PageTop

堀江さんがついにHEY!×3に!!!!

とうとう堀江さんがHEY!×3に出ます!!!!


すたちゃまにあでは今観覧客を募集中です!
(*すたちゃまにあ内のページ)




Aice5の話は出るのでしょうか?
締切は明日9日の正午。
申し込もうか迷います。

PageTop

とにかく、お疲れ様でしたー!!!!

*ツンデレ日和「A・I・C・E・・・GO GO Aice5!!」更新


まずは、
神田さん、ホントにお疲れ様でした!!!!


長い間のライブ期間でしたが、
そして、とにかく意味合いの重く、重要なライブばかりだったと思いますが、
どれをとっても素敵な公演でした。


そして神田さんは、ゆっくり休むべきですよー。

見に行って応援しただけの私だってクタクタになった昨日のライブ。
神田さんはそれ以上にお疲れになったことは間違いないでしょう。

それなのに、ツンデレ日和を更新されているじゃないですか!
しかも投稿時間は、、、
03:12」。


もう神田さんになんと言っていいか分からないっす(ノ_<。)ホロリ

「ありがとうございます」と言いたいような、
「ちゃんとしっかり寝てくださいよ!」と注意したいような、
感動屋の自分はなんだか泣けてきたりもするような、
そんなごちゃごちゃな気持ちがします。




とにかく、ホントに、お疲れ様でした。
旅行とか、温泉とか行かれるのかもしれませんが、存分に羽を伸ばしてきてください!




そしてAice5解散にも触れておきます。

昨日のライブ後の発表直後は動揺しまくりの自分でしたが、
神田さんの文章を読んで、Aice5 Diaryを読んで、
かなり冷静になることができました(たぶん)


神田さんはこう述べられています。



>リハーサル、本番を通して、とにかく上へ。そして前へ。
>そのためには自分がつらいのも、相手がつらいのも、この際しょうがな>いわな!!
>みたいな一種の「いさぎよさ」。

>これが実は、私がAice5を愛する大切な要素です。

>ユニット、やろう。
>この服、着たい。着たきゃ着よう。
>歌いたきゃ、歌おう。
>踊りたきゃ、踊ろう。
>言いたいことは、ちゃんと言おう。

>そのためには、頑張ろう。


>このわかりやすい方程式を実践するのは案外難しいし、実際私1人だっ>たら挑戦できなかったことがいっぱいある。

>でも、メンバーそれぞれの熱さや、なによりこの方程式をとくのに付き>合ってくださるスタッフさんのお陰でこうやって1つのステージを作る>ことができる。

>それを受け止めてくれる皆さんがいる。


>これが成立すること。

>本当に、奇跡のように、ありがたい。
>ありがとうございます。



「いさぎよさ」。
神田さんをはじめとするメンバーがそう考えているなら、
もっと高みへいけるような気もするけど、
解散にも納得がいったのです。
というか、解散、ラストライブだからこその限界以上の何かへいこうとしているのかな、と。

解散はもちろん悲しいし、ショックですが、
そこにおいてAice5と我々が痛みを共有するのは自然なことだと思います。
応援する身としては、いつも楽しませてもらってばかりですが、
楽しさ・嬉しさを分けてもらうだけでなく、
辛さや哀しさを背負いたい、背負うことで誰かが楽になれればと思うのです。

別にファンだからというだけではなく、
人と人のつながりとして、それは自然なことだと思いますし。




とはいえ、Aice5は望むことへ向かって努力する、実践する場所だったようで、
そういう過ごしやすい場所で神田さんがもっと活動されればいいのに、と強く思いますが(^^;)
このブログの個人目標は「当たり前のことを当たり前に書く」なので、
そういう「単純な決まりを実行できる」貴重さは分かっているつもりです。
(つまり私はまだまだだっていうことですが)



長々と書いてきましたがあと4ヵ月。
せっかく猶予をもらったのだから何かしていきたいと思います。

PageTop

とりあえずAice5の解散(予定)の話を!

もうあちこちで出てますが、先ほどのAice5の1stLive(in横浜)で、

9・20をラストライブとしての、
Aice5の解散が発表されました!!!



ネギま!に引き続き、Aice5も引き際が綺麗すぎます(T-T)


アンコールも終わりメンバーが退場した後に、
ダン、ダンッとスクリーンから音がして、
「重 大 発 表」ですからね。

最初私の周りでは、「何?DVD化?」とか言っている方々もいたのですが。



「Aice5 解散」ですよ。
そのまま見てたら、スクリーンに出ていた「Love Aice5」が、
Last Aice5」に変わるんですもん。

一瞬の空白の後、「えー」という声と悲鳴。




とにかくあと4か月ほどありますから、
その間にユニットとしてもっと露出してほしいものです。

PageTop

5月5日の雑記。

なんだか上手くまとめられないのでいろいろと書いてみます。



神田朱未のツンデレ日和「そりゃそうだ。」更新


うーん、確かに街行く神田さんを見て、すれ違う人は、
イベントで「2階席ー!!!!」と叫ぶ神田さんを想像することってないでしょうね。
そして、普通誰しも自分の知り合いってライブで、特にステージの上で叫んでそうには見えない。…と思うのですが。


でもそう考えると、神田さんのパワーは一体どこから来てるのだろう?
普段は秘められているのでしょうか?(笑)

そしてなぜ私はライブに行きたいのかな、と漠然と考えました。
もちろん楽しいから行くのですが、どうして楽しいのかな?、とも考えてみたくなります。
(野暮だとかは言いっこなしで)


さていよいよ明日はパシフィコ。
神田さんのライブ期間の区切りになります。

神田さんのパワーの秘密も、私がイベントに行く理由も、
明日行けばきっと分かるかもしれませんね。


昨日田舎から家族が来たので横浜に遊びに行きました。
帰りにパシフィコが見えました。
凄く懐かしい気持ちがしました。


さてなんだかんだ言っても、いよいよ明日です。
まずはきっちり楽しむぞっっ!



ネギま!?ネオ・パクティオーファイト!!サイトオープン

Wii版ゲームも着々と発売へ向かっているようです。
トップページのロード画面で出る、アニメEDの明日菜がかわいかったのでご紹介。



*Aice5 Q&A 05月05日分
(参考:the four seasonsさん)

>木村まどかさんからの質問
>Q.419 無理やり例えてみようシリーズ!神田さんをスポーツの種目に例えると?理由は?

>神田朱未   A. 何だろ?マラソンとか?弓道とか?
>たかはし智秋 A. フィギュア!滑らかなダンスが印象的だから~♪
>堀江由衣 A. マラソン。こつこつ走り続けている感じが。
>木村まどか A. 弓道。姿勢の良い感じと袴が似合いそう。
>浅野真澄 A. 弓道。ハカマはいて弓を引いてる姿がすぐに想像できるから。和だし。


これは凄いっす(笑)
弓道はなんとなくイメージできましたが、マラソンはなるほどなぁと思わされました。
そしてそれを把握している神田さんがまた凄い。
自分のキャラを掴みすぎです(笑)

PageTop

「ネギま!ベストナインを考える」に参加してみました。

ネギま!部屋(楊さんのページ別館) で
企画:ネギま!キャラで野球ベストナイン選出
をやっておられたので、
私も参加してみました。



早速ですが、私の組んだオーダーはというと、



【打順】

1番 ショート   ネギ
2番 センター   長瀬 楓
3番 サード    絡繰 茶々丸
4番 ライト    神楽坂 明日菜
5番 キャッチャー 高畑.T.タカミチ
6番 レフト    桜咲 刹那
7番 DH     明石 裕奈
8番 セカンド   和泉 亜子
9番 ファースト  大河内 アキラ


【ピッチャー】

先発:雪広 あやか
中継ぎ:ヘルマン
抑え:龍宮 真名




以上のようになりました。



わりとクラスメート31人以外からも入りました。自然と。

まず、1番がいきなりのネギです。これは瞬動も使えるし、背も小さいので四球も狙えるし、小技・ミートが得意そうだし。
というわけで出塁率を見込んでの起用です。
守備位置はやはり小柄で俊敏と言えば!、でショートです。
牛若丸」が頭をよぎったのが決定打ですが(古いwwww)
まぁ2番の楓は師匠な感じで、ネギとのヒットエンドランを決めたりしそうです。
この2人は交換しての起用もありかな、と思います。

3番は茶々丸。なぜかパワーというより正確なミートのイメージが浮かび、きっちり2塁打なんか打ちそうだな、と。
そうしてチャンスを広げたところで明日菜ですよ、やはり。
無類のパワーで不動の4番に君臨することでしょう。
エヴァもありかな、とは思いましたがここぞというとき以外働かなそうだし(^^;)
しかし!たとえ明日菜が打てなくとも!
5番にはタカミチがいます。デスメガネっぷりを見せつけます。
そして明日菜の凡退を帳消しにしてくれるのです。ああロマンス(笑)

もちろん2人とも打てば打ったで、アべック弾とかになり明日菜は喜ぶという、
そんなお得な打順になっております(笑)

クリーンナップが働いた後の6番は刹那。
実は刹那にあわせ監督がこのかなので、
「せっちゃんランナーかえしてな~」とか「せっちゃんホームランでええわ~」とか、難易度高い要求を見たいなぁ、と(笑)
刹那は刹那で「分りましたお嬢様!」と結果を出してくれるのでは、と期待しています。
レフトの守備では空を飛んで制空権は確保しちゃいます。


そして7番からは影の1・2・4番(3番は人数が…w)のつもりです。
まずは裕奈。
ゆーな☆キッドだし、なんかやってくれるだろうという読み(いいかげんだな)
次は亜子。
意外にこのブログで触れていませんでしたが、亜子スキーなのでいれました(笑)
とはいえきっちり細かな繫ぎの仕事をするタイプだと思っています。
守備もセカンドだし、職人的な働きを期待して選びました。
そして影の4番、アキラ。
もちろんそのパワーに期待です。
ネギに「ちからもち」と書かれてしまうほどですからね(笑)
守備位置のファーストもこれ以上なくしっくりきてます。

この3人は運動部3人組なのでつながりもいいだろうと。



さてピッチャー。

先発はいいんちょです。
速めのストレートと多様な変化球をコントロールよく投げます。
決して大崩れすることはなさそうなタイプです。

中継ぎはヘルマン。
むちゃくちゃ速いストレート一本ですね。
ストレート一本というあたりが中継ぎらしさを感じさせます。

そして締めは龍宮隊長。
払うモノさえ払えばきっちり何とかしてくれそうです。
高速スライダーとか、S.F.F.とかを決め球にしてそうなイメージ。


監督は上で触れたようにこのか。
ちょっとあずまんがの大阪に近いイメージがあります。

PageTop

お疲れ様です。

*ツンデレ日和「会場ごとに。」更新



Aice5ライブも名古屋・大阪が無事終わったようです。


会場ごとに楽しさがあったようで、盛り上がったのでしょうね~。

やはり会場にいるというのは特別なことですよね。
この間のBSFで神田さんも仰っていましたが、写真に残らないことってあると思います。
というか記憶の中のモノの方がずっと多い気はします。

例え美化されてしまっても、それはその場で感じたものが元にあるわけですし。



さて、6日はパシフィコ。
これは私もいけることになりましたので今から楽しみ(^^)



神田さんのライブ期間が大団円を迎えられるよう、微力ながらきっちりと応援しようと思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。