禍福はあざなえる縄の如しで進む

変わり者大学生が好きな事柄を中心に綴る、会計勉強日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

そういえば。

最近、「青二プロダクションが所属声優の身長と体重を公表している」と話題になっていましたね。


ふと思い出したのですが、確か“日本タレント名鑑”でも身長と体重載ってたような気がします。

本屋で立ち読みした際に、「声優さんの体重が載ってる!」と驚いた記憶があります。


どうということもない情報ですが、青二は最初っから公表していたんですね。(既出でしたらすみません)



*日本タレント名鑑WEBサイト

スポンサーサイト

PageTop

第2回声優アワード。

第2回声優アワードが発表されましたね。
受賞者はこちら


私が応援していた中では、新人賞を小林ゆうさんが受賞(ネギま!クラスメイトですしね)
丁寧な物腰と、全力を体現したような演技、そして衝撃的な画力で大人気ですから当然ともいえるかも。


あとは鈴村健一さんがベストパーソナリティ賞だったのが、何となく面白かった。
というのも、鈴村さんのラジオは面白いしタメにもなるので受賞には納得なのですが、
なにせ去年が浅野さんですからねぇ。
ついつい小野坂さんが受賞する日は来るのか…?などと考えてしまいます。



それにしても、声優アワードは意外とファンの注目を集めていますね。
瞬!ワード(検索ランキング)でも2位でした。

ちなみに1位は津競艇。何があったんだろう?

PageTop

多芸多才。

*浅野真澄のつれづれなる日々「うれしいおしらせ」



浅野さんが「作詞家・あさのますみ」として中孝介さんの作詞を手掛けたそうです。

中孝介さんといえば、音楽に疎い私でも耳にしたことがある、活躍中の男性シンガーですよ。
「BLEACH」のEDも歌ったりしてたんですね。
(*Wikipedia-中孝介)


そんな注目の集まる歌手の、2008年第1弾シングルを作詞するなんて!
浅野さんはホントに多芸なんだなぁ。

やはり今まで作詞されていた作品が優れていたものだったからこそ、チャンスを引き寄せられるのですね。
「社会で生きる」というのはこうして繋がりを広げていくことなのでしょう。

PageTop

赤松先生のブランド品プレゼントが。

赤松先生がブランド品を実写版キャストにプレゼントしたことが少し前に話題となりましたが、
「集まれ昌鹿野編集部」内のコーナー“週刊!昌鹿野批評! ”(1/13放送分)で取り上げられていました。

*集まれ昌鹿野編集部-Wikipedia



いつも小野坂さんが辛目の批評をするコーナーですが、
今回の話題は正直取り上げづらそうでしたw
わりと赤松先生側に立って批評しており、変な意識を喚起するような内容には
なっていませんでしたし。

…まぁ、個人的には、先生は少し自重した方がいいのではと思いますねw



*集まれ昌鹿野編集部
(「今週の放送」で聴けます。水曜夕方までの公開・38分ころ。)

PageTop

桜庭一樹が直木賞受賞。

*第138回直木賞は桜庭一樹さんに決定!(文藝春秋)



YAHOO!ニュースで見ておったまげました。。



数日前の日記で桜庭一樹「赤朽葉家の伝説」の話をちらっと書いたのですが、
その直後に受賞発表があるとは露知らず。

ちなみに受賞作は「赤朽葉家の伝説」ではなく、「私の男」なのですが、こちらも怪作という評判は耳にしました。
私はまだ読んでなかったので、本屋でバイトしている友人に頼んでおきました。


それにしても、私はついこの間まで「GOSICK」(ラノベ)の作者としてしか認識しておらず、ハードカバーは最近買い始めたり、図書館で借りたりしていたところだったので、
直木賞というあまりにスケールの大きい話に、やはり凄い力のある作家なのだなぁ、と認識を新たにしたところなのですが。。

ホントに驚きました。


最後になりましたが、受賞おめでとうございました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。